テーマ:未分類

めんどくさい事やダルい事
が嫌いな人はいませんか?

 

おそらく、皆、嫌いだと思います。
私も嫌いです(笑)

 

でも、そんな方達もおそらく職場では、

それをこなしているわけです。

 
それは、強制されるからですね。

 

しかし、自分でビジネスをしようと

なると誰も強制してくれないわけです。

 

 

これもある意味、辛いですね。

 

はっきり言えば、めんどくさい事やダルい事を

すれば誰でも稼げます。

 

 

だけど、

 

お金は稼ぎたいけどめんどくさい事や

ダルい事はしたくない。

 

 

だから、

 

簡単に稼げる方法を探し続ける

 

 

結果、

 

時間とお金の無駄になる

 

 

っていう人がめちゃくちゃ
多いような気がします。

 

さらに、そういう人が増えるから
情報販売者が簡単に稼げる系
の意味不明な商材を売る。

 

いや、正確には情報販売者も
そうしないと売れない。

 

 

というのが事実でしょう。
私も普段は1人1人と個別に
やり取りをする事がないので、

 

あまり気が付きませんでしたが、
最近、大変な事に気付きました。
とある事で100人程度の方達と個別対応

する機会があったのですが、

 

「行動力が・・・(泣)」

 

 

まぁ、別に私は構わないのですが、

そういう人達って本気で、自分でお金を
稼ごうと思ってるのだろうか?

 

 

と思います。

 

 

 

 

やはり、人間というのは周りの影響を

受ける生き物ですから、
私がインターネットビジネスを始めた時代と

違うといえばそうなのかもしれないですね。

 

 

 

よく、ある程度年をとった人で
「今の若い者は・・・」
みたいな事をいう人がいますが、それと

同じで若い人と年配の人で感覚が変わる

のと同じなのかもしれません。

 

 

 

ただ、

 

お金を稼ぐなら、なんとかして稼ぐ

 

あきらめるならあきらめる
で、はっきりさせた方が
よいかと個人的には思います。
中途半端な立ち位置にいると損を

する時代だと思います。

 

 

大事なことなのでもう1回言いますね。

 

 

中途半端に

「稼げたらいいな〜」

と思っている人が一番危険な時代です。

 
====LINE@追加でプレゼント====

LINE@に友達追加して頂けますと
豪華7大プレゼントをお渡しします。

北岡大樹LINE@友達追加はコチラ

 


テーマ:未分類

昨日の夜中にスピードラーニングを申し込みました。

 

将来の為に、本格的に英会話スキルを身につける事にしたのです。

 

やはり、1つの国に振り回されずに生きて行きたいですからね。

 

 

 

昨日、消防士に

 

「2日ぐらいは死なないから大丈夫」

 

と言われた瞬間に

 

 

自衛隊も大丈夫なのだろうか?
 

 

と国への信頼度がガタ落ちです。

 

 

 

そう、TVなどのメディアがある事でかっこいい演出が
加えられ、彼らは頼りになりそうなイメージで世の中に
浸透させられていますが、そのギャップが激しすぎる。

 

 

実は昨日の夜、私はとある店舗の上の事務所にいたの
ですが、そこに、猫や犬がいる時があります。

 

 

たまたま、トイレの窓が空いていた為、そこから猫が
飛び降りたのか、落ちたのかわかりませんが、

とんでもない所に入ってしまったのです。

 

 

 

ビルとビルの間に設置されているエアコンの室外機の

ダクトに入ってしまいました。

 

 

しかも、それが設置してある高さがけっこう高いわけです。
 

 

ビルとビルの間3階ぐらいの位置にあり、なおかつ

 

そのダクトが煙突みたいに深くなっているので手ですくう
事もできない状況です。

 

 

まだ、夏ではなかった為、おそらく温度は大丈夫だった
のですが、さすがにパニックになり警察や消防に電話

したのですが断られたので、自分で助ける事にしました。

 

 

 

私がビルとビルの間に入り、外のパイプをよじのぼり
室外機の上まで登ったぐらいの時に、消防署から電話が
きました。

 

 

来てくれるという事で、

 

「助かった」

 

と安心して待っていましたが非常に残念でしたね。

 

 

そのグループを指揮する隊長みたいな人が口達者な
営業マンみたいな人で、

 

とりあえずのその場しのぎで、

 

明日になったら、業者に頼んでそのダクトを取り外
してもらって下さい。

 

 

みたいな流れに持っていこうとします。

 

 

 

やる気のある隊員に対して

 

「○○さん、もういいから」

 

とか、

 

私に対して、

 

「猫は2日ぐらいは
死なないから大丈夫」

 

だのと言ってきて、

 

いかにも帰りたいオーラ丸出しでした。

 

 

結果、彼らが来た事で問題は解決するどころか
時間の無駄になっただけなのです。

 

 

 

最終的には、素人3人で協力して魚をすくう網などを

使いながら救出に成功しましたが、

 

やはり、思うことは
自分の事は自分でなんとかしなければいけないと

いう事です。

 

 

誰か(会社や国含む)に助けてもらおう

 

とか

 

助けてくれるだろう

 

と思う事は不確実であるという事です。

 

 

 

最近では、北朝鮮の問題もありますが、国がなんとか
してくれるなんて保証はありません。

 

 

 

TVから流れてくるニュースが真実であるという保証も
ありません。

 

 

自分の身は自分で守らなければいけないのです。

 

 

 

そして、これはビジネスの世界でも言える事ですが、

大衆と同じ考えで同じ行動を起こしていると負ける事に
なります。
ぜひ、こういった事を意識しておいて下さい。

 

 

PS.

 

救出した猫ちゃんはすぐに病院に連れて行き、今は個室(柵)で

療養中です。

 

IMG_1117

 

 

 


テーマ:未分類

私達には、2種類の幸せが
あると思います。

 

 

1つが、

 

お金で手に入れる事ができる幸せ

 

 

2つ目は、

 

お金で手に入れる事ができない幸せ

 

 

 

正直な話、人生における
大半の幸せはお金で
手に入れる事ができるでしょう。

 

 

 

お金で手に入れる事ができる
幸せとは、美味しい料理を
食べたりとか、旅行に行ったり
とか、欲しい物を買ったりとかです。

 

 

 

基本的には世の中はお金で
動いていますから、お金があれば
ほぼ、何でも手に入るといえます。

 

 

 

ただ、実際にお金で買えない
幸せがあるのは事実です。

 

 

 

人からの友情、愛情、信用、信頼
とか、健康で元気でいる事とか、
何かを達成した時の達成感や
幸福感もお金では買えません。

 

 

 

なので、大事なのはバランス
だと思います。

 

 

 

私達の目的は何ですか?

 

 

お金を稼ぐ事ですか?

 

 

 

けっこう、そこばかりに
目がいきそうですが、それは
あくまでも通過点だと思います。

 

 

 

ただ、最初のうちはお金を
稼ぐ事だけを考えて一生懸命
やならい事には稼げませんが・・・

 

 

 

ただ、最終的に大切なのは、
自分が理想とする生活を
手に入れる事だと思います。

 

 

 

もちろん、人間は飽きがきます
から、その時、その時で理想は
変わるとは思います。

 

 

 

実際にいざ、そうなってみると
やっぱりこっちのがいいかな
なんて思ったりもするわけです。

 

 

 

意外に満足し続けるという事は
難しいかもしれません。

 

 

 

ただ、変化を起こす事は
リスクでもあるわけです。

 

 

 

自分が何らかの変化を起こす
時に、必ずうまくいくという保証
はないわけですから、

しかし、それでも変化を起こす
勇気というか度胸というか
これがないと始まりません。

 

 

 

 

また、多くの変化を体験して
いるうちに、だんだん慣れてくる
部分もあります。

 

 

 

自分の素直な気持ちを解放する。

 

 

なりたい者になり、
なりたい状況に身をおく。

 

 

 

まさに、究極のわがままですね。

 

 

 

私のわがままをあなただけに
こっそりと教えると、

 

 

こんな事はメルマガ発行者とか、
情報発信者としては
言うべきではないのですが、

 

私は嘘をついたり綺麗事を
言うのが、好きではないので
はっきり言いますが、

 

 

 

私の夢は・・・

 

 

 

ニートになる事です。

 

 

 

あなたはこれを見て

ひいているかもしれません(笑)

 

 

 

 

なぜなら、社会的に見た

 

 

「かっこいい大人」とは
かけ離れているからですね。

 

 

 

ちなみに、

 

 

親のスネをかじっている
社交性のない変なイメージ
のニートではなく、

自分や家族を養う力のある
自立しているタイプのニートに
なる事です。

 

 

 

もはや、会社は廃業、社会的な
イメージ、信用、ステータス消滅、

 

 

はい、いらないです。

 

 

こんなものは。

 

 

私が辿り着いた答えはここです。

 

 

 

何が正しくて何が間違って
いるかなんて人によって違う
わけですが、

犯罪とか人に迷惑をかけ
なければ、まずは自分が
幸せになる事を最優先する
べきだと思います。

 

 

 

あなたもまずは素直に
自分の気持ちを解放して、
究極のわがままを考えて
みてはいかがでしょうか?

 

 

 


テーマ:未分類

基本的に、何かを判断する時に

調べるという事は当たり前ですが

今日はそんな、「失敗しない判断の仕方」

というテーマでお話を行っていきます。

 

 

 

特に、最近ではビットコイン関係
の質問が私のLINE@にひたすら
届くのですが、そもそも私自身が
ビットコインやその投資関連の
関係者ではないわけです。

 

 

 

私は、私の見解をまとめて
発信しているだけというのを
理解して頂きたいです。

 

 

 

これは、世の中にあるWEBサイト
や情報発信者も同じで、
そういったものは「参考」で
しかあらず、最終的な判断は自分で
するしかありません。

 

 

 

例えば、あなたがビットコイン
の投資先を探しているとして
インターネットで検索するとしましょう。

 

 

 

そうすると、案件Aを進めている
人もいれば、案件Bを進めている
人もいるでしょう。

 

 

 

もちろん、片っ端から全ての
案件を進めている人もいるわけです。

 

 

 

それら、全てを鵜呑みにしていたら
あまりにも素人的な状態です。

 

 

 

基本的に、インターネットで
アフィリエイト(広告や紹介)を
行っている人は、自分にとって
報酬や条件がよいものを紹介する
傾向がありますから、

そう考えると、インターネット
検索結果の情報をそのまま鵜呑みに
するのは、正しい判断ではないと
いう事がわかって頂けると思います。

 

 

 

例えとして、ビットコインの
投資としてお話をしましたが、
これらは全てにおいていえる事です。

 

 

 

「正しい」ではなく「参考」にする。

 

 

これが基本です。

 

 

 

ですから、「調べる」という事は
Yahoo!やGoogleで検索して

1、2番目に出てきたサイトを
サクッと見て
「なるほど!」じゃないのです。

 

 

 

関連する用語をいろいろと
打ち込んで、できるだけ多くの
情報サイトを見て総合的に
判断をするというのが「調べる」
という事ですから、

あなたも、何かを「調べる」時は
徹底的に検索する事をおすすめします。

 

 

 


テーマ:未分類

いつもありがとうございます。
北岡大樹です。

 

 

あなたも知ってのとおり、
私達は生まれた瞬間から不公平です。

 

 

富裕層の家庭に生まれる人もいれば
貧困層の家庭に生まれる人もいます。

 

 

 

例えば、大企業の社長の家庭に生まれ、
いい教育を受けたり、一流の人から
無料でビジネスを学ぶ事ができる人
だっています。

 

 

 

親が不動産を多く所有しており、
それが必然的に資産として回ってくる
人もいるでしょう。

 

 

 

もしくは、親が経営者であり、職場に
出勤(いる)しているだけで給料を
もらっている人もいます。

 

 

 

3人目はダメ人間パターンですが、
幸福度という意味では、毎日こき
使われる労働者に比べれば状況的には
幸せでしょう。

 

 

 

 

このように私達人間は、生まれながら
に不公平であるわけです。

 

 

 

そして、それは当たり前の事です。

 

 

 

そして、おそらく

あなたも、平凡な家庭、ごく普通の
家庭、どちらかとえいば低収入な家庭に
生まれたのではないでしょうか?

 

 

 

私も、どちらかといえば、低収入な
家庭だったと思います。

 

 

 

というか確実にそうでした。

 

 

 

私が中学生2年生になった時は
田舎に引越して、田舎の2部屋しかない
アパートに母親、私、弟、妹の4人で
住んでいたぐらいです。

 

 

 

 

 

祖父が持ち家だった為、

母がそれを貸し出して、その家賃収入よりも
低い家賃で住めるアパートを住居に
していたという事は、

 

今だからわかる大人の事情ですが、

当時は恥ずかしくて本当に嫌でした。

 

 

 

 

あの頃は、子供だった為、何もできませんでしたが、

今は大人になって、自分の収入や人生の道というのは
自分で決めれるようになりました。

 

 

 

そう、ここが大事なのです。

 

 

 

人生の最初の18年間ぐらいは、
どうしようもできなくとも、

それ以降であれば、自分の力で
なんとかしていけるものなのです。

 

 

 

 

そして、私達は持っているのです。

 

 

 

 

「生まれながらの勝ち組」

 

 

 

には持っていないものを。

 

 

 

 

それは「感動」であったり、

「興奮」、「喜び」といったものです。

 

 

 

 

私は、26歳の時に初めて飛行機に
乗って日本の外に出ました。

今でも、その時の光景は鮮明に脳に
焼き付いています。

 

 

 

 

小さい頃から、そういった事を経験
していた人では味わえない感動や
喜び、興奮を体験したわけです。

 

 

 

 

人間というのは、環境に慣れていく
生き物です。

 

 

 

だから、生まれながらに恵まれた環境に身を

置いている人よりも、私達のような普通の人のほうが

 

 
「感動」「喜び」「興奮」

 
の量が多いわけです。

 

 

 

 

だから、私はあなたにも自分の収入や人生の道というのを
自分で決めれるようになってもらい
より多くの感動・喜び・興奮を体験してほしいと思っています。

 

 

 

 

だから、これからも頑張っていきましょう。